2013年02月09日

顔面神経症 治療法

go02.jpg

顔面神経麻痺は、腫瘍性の麻痺を除いて、薬を使った治療はあなたにとって良いことは全くありません。


顔面神経麻痺の薬は、対処療法にすぎず、麻痺を薬の力で無理やりなくしているだけなので、原因を解消しているわけではありません。


つまり、薬の効き目が切れると再発を繰り返すだけなので、あなたの体は、どんどん、薬なしでは麻痺を抑え込めない状態に追い込まれてしまうだけです。


そこで、顔面神経麻痺の治療には、できるだけ薬を使わない方法が望まれるわけですが、

小沢国寛さんの「小沢式」顔面神経麻痺改善プログラムでは、睡眠方法や入浴法をちょっと改善したり、

適切なマッサージを行っていくだけなので、薬に頼ることは一切ありません。

go07.jpg

マニュアル通りに、体の各部を動かしていくだけで、14日もするころには麻痺がすっかりなくなり、

豊かな表情で自分の感情を気持ちよく表現できるようになります。


「小沢式」顔面神経麻痺改善プログラムの詳細について、ここではポイントを整理していくつか紹介をすると、↓のようになっています。


go10.jpg


耳周辺が痛くなる理由

目が上手く閉じられない人に効果的な閉眼エクササイズ法

ストレスと顔面神経麻痺の関係性






顔面神経麻痺は、原因を解消しなければ何度だって再発をしますし、

放っておいても麻痺が進むだけで、症状が改善される見込みはほとんどありません。


しかし、適切な方法で治療を進めていけば、表情筋の緊張はどんどんふにゃふにゃに柔らかくなっていき、

あなたも自宅に居ながらにして、↓のようになることができます。


cimages.jpg

上唇の痺れもなくなる

自分の気持ちを顔全体で表す事が出来る

家族や友人と外食に出かけられる

まぶたをぱちぱちとできる







go08.jpg
下手な治療を続けて後遺症を残すような最悪の結果を招く前に、体へ一切負担をかけず健康的に麻痺を改善するにはこちら







posted by 小沢国寛 at 09:36| 小沢国寛 効果 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。